Internet Explorerをご使用の方(for windows)

※タブの設定を変更したい場合は以下の設定をお願いします。

●メニューバー(カーソルをウィンドウのフレーム部分を右クリックし、「メニューバー」にチェックを入れると表示されます。
◆参考:Microsoftサポート

[表示(V)]

画像:表示



[インターネットオプション(O)]の[全般]タブの「タブの中のwebページの表示方法を設定します」の[設定(T)]をクリックします。

画像:全般タブ



[タブブラウズの設定]-[ポップアップの発生時]から希望の設定を選んで[OK]をクリックしてください。

画像:インターネットオプション




※文字コードの設定を変更したい場合は以下の設定をお願いします。


[タブ]の右側の何もない領域を右クリックし、[コマンドバー]をクリックします。

表示されたコマンドバーの[ページ]をクリックし、[エンコード]→[日本語(自動選択)]をクリックします。


【補足】 この手順により、問題が回避されない場合には、[ページ]→[エンコード]→[その他]より[日本語(シフト JIS)]、または[日本語(EUC)]を選択の上、お試しください。 [日本語(シフト JIS)]、または[日本語(EUC)]に設定された場合、正常に表示されていたページが文字化けてしまう可能性がありますので、通常は、[日本語(自動選択)]にてご利用いただくことをおすすめします。



※パスワード入力画面が表示されない、javasqriptが動かないなどの場合は以下の設定をお願いします。


●メニューバー(カーソルをウィンドウのフレーム部分を右クリックし、「メニューバー」にチェックを入れると表示されます。
◆参考:Microsoftサポート
[表示(V)]

[インターネットオプション(O)]

[セキュリティー]を「中(安全)」
に設定してください。

もしくは
●メニューバーから
[ツール(T)]

[インターネットオプション(O)]

[セキュリティー]の「スクリプトの"JAVAアプレット"を有効」「Microsoft VMの"Javaの許可"」に設定してください。


●下記の注意事項が現れたら

画像:注意1


青い部分を右クリックし、「ブロックされているコンテンツを許可」を選択します。
下の画面が表示されますので、「はい」を押してください。



画像:注意2


Explorerユーザープロンプトが表示されます。
入力欄の「undefined」を削除し、パスワードを入力して「はい」をクリックしてください。
「お知らせページ」が表示されます。

トップへ戻る